美容師日記 『シャンプーってやっぱり大事』

この記事は2分で読めます

美容師10年になりますが、私が新人のときか
らずっと大事にしている技術があります。

それはシャンプーです。

これだけは時代が変わってもずっと大切な技
術だと思います。

カット・パーマ・カラーなど様々な技術があ
りますが、同じくらい大切です。

 

シャンプーでその美容院のレベルが分かる

最近の美容院は個々で強みを持たせている所
が多いです。

例えば「ウチはカットに自信がある」とか、
「ウチはカラーなら誰にも負けない」等です

美容院の数は年々増加していますし、他店と
の差別化をしていかないと売り上げを伸ばす
ことが難しい時代になってきました。

で、美容院ごとに強みがあるのは素晴らしい
ことだと思うのですが、忘れないで欲しいの
が基本のシャンプーです。

ウチはカットに自信があるんだ!という所は
カットに重点を置いているのは分かるのです
が、基本のシャンプーがイマイチだと結構ガ
ッカリします。

みなさんもそういう経験ありませんか?

美容院ごとに強みがあるのは良いことだと思
うのですが、基本のシャンプーがイマイチだ
と、他の部分がよくても残念な気持ちになり
ます。

実際、私もお客様と話していてお客様から
「シャンプーって本当に大事よね」と言われ
ます。

こう思っている人って結構多いです。

 

会話ができなくてもシャンプーで癒やしを提供

実は私、お客様とコミュニケーションを取る
のが苦手です。

この日記を読んだ方にはそれが伝わっている
かもしれませんが。

ですから初めての人とうまく話せないことも
あります。

そんなときシャンプーっていうのはスゴく良
いコミュニケーションツールにもなります。

お客様にできるだけリラックスしてもらおう
とキチンと気持ちを込めてシャンプーすると
それがお客様に伝わり、シャンプーが終わっ
た後に「気持ちよかったよ」と言われること
が多いです。

そこからはお客様も多少気を許してくれるの
か会話も盛り上がることが多く、スムーズに
コミュニケーションを取りやすいです。

そういう意味でも私の中ではシャンプーは超
重要と位置づけています。

時代が変わっても気持ちがいいシャンプーは
お客様に変わらず喜んでいただける。

素晴らしい技術ですよね。
 

  • 2016 09.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

カテゴリー