エンテロウイルスは夏風邪?麻痺の年齢は何歳の子供に多い?

この記事は2分で読めます

4d2893f9e732226f96ff0ccb1627869f_s

エンテロウイルスD68が原因で麻痺や嘔吐
を引き起こす人が昨年夏から増えています。

子供に発生することが多いことや夏頃に発症
する人が多いことから夏風邪の原因として
挙げられます。

子供などの年齢が低い人を中心に発症します
が大人でも引き起こす可能性があるウイルス
ですので注意が必要です。

今回はエンテロウイルスをピックアップして
いきます。

 

スポンサードリンク

 

エンテロウイルスは夏風邪なの?

エンテロウイルスというのは子供の夏風邪と
して挙げられます。

子供はウイルスに対する免疫が弱く、エンテ
ロウイルスを原因として夏風邪を引き起こす
可能性が高いのです。

逆を言えば大人でもエンテロウイルスが原因
で風を引くことがあります。

ただし子供よりもウイルス免疫があるので、
そこまで発症しないというだけのことです。

子供だけに見られる夏風邪の原因ではないと
いうことですね。

ちなみにエンテロウイルスは夏から秋にかけ
て非常に多く発生するウイルスですが、実は
年間通して発症する可能性がありますので
注意が必要です。

 

麻痺の年齢は何歳の子供に多い?

エンテロウイルスにはかなりの種類が存在し、
その中でもエンテロウイルスD68というのが
原因で麻痺になる子供が多いようです。

全員に麻痺が見られるわけではないようですが
治療後に麻痺の症状が残る子供が比較的、多い
のがエンテロウイルスD68の特徴です。

昨年の秋からアメリカで大流行し、そして日本
でも昨年から確認されています。

エンテロウイルスD68は0歳~5歳くらいの
子供に多く麻痺が見られているようです。

エンテロウイルス自体は年齢別で見てみると
0歳が全体の4割を占めており、幼い子供ほど
発症する可能性が高いです。

このエンテロウイルスはなぜ麻痺を引き起こす
のか原因が解明されていないウイルスでワクチ
ンなどもありません。

ですから現時点では予防が1番の対策とされて
います。

 

スポンサードリンク

 

エンテロウイルスの予防法は?

  • 石鹸を使ってしっかり手洗いをする
  • 手洗い前に目や鼻、口にあまり触れないようする
  • スプーンや食器などを共用しない
  • 大勢が集まる場に行くときはマスクを着用する

などが挙げられます。

『そんな対策当たり前のことじゃないか、
もっと画期的なのはないのか』と思われるかも
しれませんがエンテロウイルスD68に対する
ワクチンなどがありませんから、普段の生活
習慣から気をつけていくしかありません。

麻痺を伴うエンテロウイルスD68が子供に多く
見られるので、子供連れでどこかに出かける時
にはマスクを着用させるなどの、配慮をした方
がいいかもしれませんね。

また手洗い前の手で、目や鼻や口を触るのも
よくないですから子供にはしっかりと手洗いを
させたいですね。

 

まとめ

エンテロウイルスは夏風邪の原因としてよく
挙げられますが、昨年秋からエンテロウイルス
D68という麻痺を引き起こすものも確認され
ています。

年齢では0歳に1番多く、5歳くらいまでの
子供に多いようです。

麻痺が残った場合の治療法が無いですので、
普段の生活習慣で予防するのが1番の方法に
なります。

子供に熱・喉の痛み・口内炎・下痢などの症状
が見られたらすぐにお医者さんに相談するよう
にしましょう。

★ 関連記事

→ エンテロウイルスD68確認の地域はどこ?広島以外にも多数!

→ ダニ媒介脳炎の症状や原因は?北海道のどこの場所で被害にあった?

スポンサードリンク

  • 2016 08.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. b7abe4ec5cb3b139a03c22fb9a130461_s
  2. ea96f0e5234ec3d89642ac7607d451e3_s
  3. c665f9bd85520e583e9fd7df3a4b702f_s
  4. 868b0e0c2f5434a7f30d6ca676295f5e_s
  5. 56c43e978b04f4aafb0a3bdb56c262e3_s
  6. 12c0c340090bb7ef839f40f870fe4999_s

カテゴリー