ハーレー斉藤って飲食店やってたの?立野記代 とはどんな関係?

この記事は2分で読めます

cat-1593059_640

迫力あるレスラーを目指すために、ハーレーから名前をもじった、ハーレー斉藤。

ハーレー斉藤は飲食店をやっていたという噂があるのですが、どんなお店だったのか。

また立野記代 との関係も調べてみました。

最近は病気で亡くなる人が本当に多いですね・・・

 

スポンサードリンク

 

ハーレー斉藤が死去!

ハーレー斉藤さんは48歳でした。食道がんが見つかったのは今年。それからずっと食道がんと戦っていました。

死因の食道がんとはどんな病気なのか。よく聞くけど、意外と知りません。

食道がんって?

食道がんは女性よりも男性に多いと言われている病気です。主な原因はタバコとアルコール。

自覚症状がほとんどないので、早期発見が難しいです。発見されたときには既に進行していることが多く、化学療法、放射線治療、手術などの集学的治療が必要となります。

早期発見するには

  • 飲み込んだ時に胸がしみる
  • 食べ物がつかえる
  • 胸の奥が痛い

これらの症状が気になった時に病院に検査にいくことです。体に異変を感じる頃には重症になっているので、早期発見を心がけたいですね。

ちなみにハーレー斉藤は2010年に子宮筋腫になっています。

 

スポンサードリンク

 

飲食店をやってるの?

ハーレー斉藤は2012年にプロレスを引退。その後、都内で飲食店経営に専念するようになりました。店名はDRINK BAR GOHAN~悟飯~。

詳しい場所などは分かっていません。

飲食店経営は現役時代からやっていたようです。プロレスラーだけで食っていくのは収入的には厳しいでしょうからね。こっちのほうが本業だったのでしょう。

ちなみにプロレスラーには飲食店を経営している人が多く、ハーレー斉藤以外にもたくさんいました。

  • アントニオ猪木
  • 武藤敬司
  • カズ・ハヤシ
  • ザ・グレート・カブキ

などなど数多くいます。

食道がんになったのは、飲食店での飲み過ぎが原因かもしれませんね。食道がんの主な原因はタバコとアルコールです。タバコと酒、ダブルでやっていた可能性もありますね。

 

立野記代 とはどんな関係?

立野記代は女子プロレスラーです。なんと女子プロ界の聖子ちゃんとも呼ばれていたのだとか・・・

ハーレー斉藤とは同じ飲食店で働いていました。2人は共同経営していたみたいです。ハーレー斉藤亡き後は立野記代がお店を経営していくことになりそうですね。

 

まとめ

  • ハーレー斉藤は2016年に食道がんになった
  • 食道がんの主な原因は、酒とタバコ
  • ハーレー斉藤は、女子プロ時代から飲食店を経営している
  • 立野記代とハーレー斉藤は飲食店を共同経営していた

まだ48という若さだったのに、病気というのは恐ろしいですね。今年は小林麻央の癌も話題になりましたし、今まで他人事のように思っていましたが、自分の身にも起こり得ることだと思うようになりました。

こういう癌のニュースを見るたびに、自分の生活習慣を見直すキッカケにしたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

  • 2016 12.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. MKJ_aisusuke-to_TP_V (1)
  2. 3011d5c29071e31f240f80d49251dba9_s
  3. 7d088978daf2d90aec096d1b54d7a875_s
  4. b487027ae41d0c5d15641775a36a5415_s
  5. 96ad9f7a0d0c2c6c13a8f84241b2fbaf_s

カテゴリー