間下このみの難病とは?病気を乗り越えて子供を出産‥!『爆報フライデー』

この記事は2分で読めます

fe1e36a96b6773ba53c79b8f86b05da5_s

元子役の間下このみが爆報Theフライデーに
登場します。

間下このみは難病を患い死産を経験したので
すが病気を乗り越えて出産しています。

間下このみは抗リン脂質抗体症候群という病
気にかかったのですが、抗リン脂質抗体症候
群とは一体どんな病気なのか・・・

今回は間下このみの難病をピックアップして
いきます。

 

スポンサードリンク

 

間下このみの難病とは?『爆報Theフライデー』

間下このみは抗リン脂質抗体症候群という難
病を患いました。

病気が発覚したのは2006年。

ちょうど妊娠していたときでした。

そんな時に難病を患うなんて不幸としか言い
ようがないですが、この抗リン脂質抗体症候
群とは一体どんな病気なのか?

流産しやすくなる難病

抗リン脂質抗体症候群は原因不明の病気の一
つで二万人に一人の割合で発症する謎の病気
です。

抗リン脂質抗体症候群になると血栓が詰まっ
てしまい、胎児への血流が悪くなり、死産・
流産を引き起こす可能性がかなり高くなる
です。

抗リン脂質抗体症候群になった場合、血栓予
防しか治療法が無く、妊娠が分かった時から
出産するまで毎日、血栓予防の注射をしなけ
ればいけません。

治療をしても治る可能性は低く15%ほどの
人しか治らない難病と言われています。

また流産・死産などの経験で初めて病気が
発覚することが多く、早期発見が難しいこと
も難病といわれる原因の一つです。

男性でもなる可能性がある

妊娠と合わせて注目される抗リン脂質抗体症
候群ですが、実は男性でも発症することがあ
ります。

心筋梗塞や脳梗塞になった場合、抗リン脂質
抗体症候群を発症している可能性が高いので
す。

ですから女性だけの難病と決めつけてはいけ
ません。

と、いっても予防法などが確立されていない
ので防ぎようがありませんが、荒れた生活習
慣は万病の元といいますから、とにかく健康
的な毎日を心がけるしかありません。

違う病気ですが小林麻央や竹原慎二も病気に
なってから過去の行いを悔いたといいますか
ら、病気になる前から気をつけたいものです。

→ 小林麻央ブログKOKOROに竹原がエール!『麻央ちゃん頑張れ〜』

 

スポンサードリンク

 

病気を乗り越えて子供を出産!

妊娠中に抗リン脂質抗体症候群が発覚したの
ですが、間下このみは「なんとしても出産し
たい」との思いで抗リン脂質抗体症候群の
血栓予防に取り組みます。

血栓が赤ちゃんへの血流を塞がないように、
出産するまで毎日血液注射をするのです。

かなりツライ日々だったことは容易に想像で
きますが、なぜ間下このみのがこれほどまで
に出産に全力を注ぐのかというと、過去に死
産をしていたからでした。

死産をしたときの間下このみはあまりにショ
ックすぎて部屋に閉じこもり、幸せな他人を
恨んだと言います。

そういうツライ過去を経験してきているから
こそ、血液注射を出産するまで毎日打ち続け
ることができたのでしょう。

でも血液注射をしたからといって、安全かと
いえばそうではありません。

普通の妊婦さんに比べればかなりハイリスク
なのは変わらないのです。

それでも少しでも出産できる可能性があるの
ならと、血液注射に取り組んだのでした。

その結果、見事に出産することに成功!!

元気いっぱいの健康な赤ちゃんが生まれまし
た!

間下このみのように抗リン脂質抗体症候群で
苦しむ女性はとても多く、そういう人たちに
勇気を与えるために著書を出版しています。

 

まとめ

間下このみの病気は治療法が無く、死産を招
く可能性が高い難病の一つでした。

しかし諦めないことで見事出産しています。

この経験は同じ病気で苦しむ人に、たくさんの
勇気を与えたでしょう。

私達にも難病を発症するリスクがありますから
こういう経験を聞いて、生活習慣を見直すキッ
カケにしたいですね。

★ 関連記事

→ 間下このみが離婚!?現在、旦那とウマくいってないのか?!

スポンサードリンク

  • 2016 09.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. elly20160701265118_TP_V (2)
  2. OY1151013220971_TP_V (1)
  3. b3957a8cf91803a098f8f317339465c1_s
  4. 8db460a4e0242e127cdf1f5b1ae856c0_s
  5. b0000608_2054592
  6. HIRO95_yuubaenokage_TP_V

カテゴリー