噂大好き30代のブログ

小2女児殺害事件 小林遼容疑者!どうやって犯人を突き止めたの?

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

小2女児殺害事件の犯人 小林遼容疑者が逮捕となりました。

逮捕された様子をテレビで見ましたがニヤニヤしていて気持ち悪い。

しかし気になったのがどうやって小林が犯人だと突き止めたのか?ということ。

不審人物が以前からいたとか、怪しい車が目撃されていたとか、いろんな情報がありましたが、どれも犯人を割り出す決定的な要素ではありません。

今回はどうやって犯人を突き止めたのかをチェックしていきます。

 

 

小2女児殺害事件 小林容疑者をどうやって特定・割り出したのか?

どうやら「」が今回の犯人特定のキーとなったようです。

事件前後に車が目撃されていたのはご存知かと思います。

以前から不審な黒い車が目撃されていたほか、事件前後にも不審な白い車が目撃されています。

不審な車の人物の特定・割出を進めた結果・・・事件の現場近くを走行する不審車が浮上し、犯人の小林容疑者にたどり着いたようです。

最初は事情聴取でも関与を否定していたが、その後の追求で認めた模様。

ちなみに目撃されていた白い不審車は無関係だったとのこと。

黒い車が犯人だったんですね。

また、事件当日の登校時に目撃されていた不審者は無関係のようです。

とはいえ、今回の事件で幼い子の安全が約束されないことが明らかになりましたから、今回の事件とは関係なかった不審人物の特定も急いで、地域住民を安心させてあげたいですね。

この人物の特定も完了しないと、近隣住民は子供を1人で学校に行かせられないでしょう。

それにしても警察のプロファイリング力はスゴイとつくづく実感しましたね。

決定的な証拠が無いのに犯人逮捕に至ったのですから。

怪しい黒い車があったといっても、すでに近くには無い可能性もあっただろうし、黒い車なんて無数にあるでしょうから割り出すのにはかなり苦労したのではないでしょうか?

それとも近隣住民が有力な不審車の情報を提供したのかもしれませんね。

あるいは事件時間、近所の監視カメラに写っていた黒い車の情報を元に割り出したとか。

最近はコンビニや会社の入り口など、色んなところに監視カメラがあるので、そういうのに写った微妙な姿からも特定されることがあるようですよ。

とはいえ割り出しには相当神経を使うのでしょうけれども・・・。

とにかく今回の胸糞悪い事件の犯人が捕まってよかったと思います。

この精神異常とも思える犯人は二度と刑務所の外に出さないほうが良いですね。

確実にまた事件を起こしますし、刑務所から出たことが分かったらまた近隣住民が不安になります。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 噂大好き30代のブログ , 2018 All Rights Reserved.