タケノコ王(風岡直宏)の年収や店はどこ?クワガタでフェラーリ?経歴は?

この記事は4分で読めます

タケノコ王って知ってますか?

私は初めて知りました。

以前にもテレビで紹介されたことがあるようです。

なんでもタケノコ農家の男が超高級イタリア車のフェラーリを買った伝説があるのだとか・・・(;・∀・)

フェラーリなんて1000万でも買えないのに、どうして購入できたのでしょうか?

コレは個人的にめっちゃ気になります!(笑)

タケノコ王と呼ばれる男の年収や店情報、どうしてフェラーリを買えたのか、経歴などをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

タケノコ王(風岡直宏)の経歴

・読み方 かざおかなおひろ

・1973年生まれ

・体重70キロ

・静岡県出身

タンクトップと雰囲気から、武井壮さんを連想したのは私だけでしょうか?

おそらく私だけではないはず(笑)

武井壮さんをちょっと肌黒くマイルドにした感じですねw

高卒でトライアスロン

風岡直宏さんは高卒後にトライアスロンの選手になります。

ちゃんと実績もあって13レースで優勝したことがあるのだとか!!

トライアスロンって鉄人レースとも呼ばれていて、泳いだり、漕いだり、走ったりと全てのバランスが高くないと制覇できないです。

当時の風岡直宏さんは武井壮さんなみに身体能力がすぐれていたのでしょうね^^!

しかし、23歳で怪我をしてしまい、トライアスロンを引退・・・

トライアスロンで実績を残していたので、引退は相当ツラかったはず。

トライアスロンにかぎらず、スポーツ選手って仕事をせずにスポーツに打ち込んでいるわけですから、引退したあとが大変そうですよね。

トライアスロンをやめた後、風岡直宏さんが手を付けたのがクワガタでした。

クワガタ養殖開始

1990年代後半にクワガタブームがありました。

そこでクワガタに目をつけ、クワガタの養殖を初めます(・∀・)

この頃はオオクワガタが黒いダイヤとも呼ばれていて、かなり高値で取引されていたんです。

で、養殖で育てたクワガタ達を販売したところ、ものすごい収入になりました。

なんと年収で3800万円・・・(;・∀・)

クワガタが3800万円になるなんてちょっと、想像できないですよね。

このブームに目をつけた風岡直宏さん、さすがです。

私だったらクワガタがブームとか聞いても、何にも思わずに普通に会社勤めしちゃいます(笑)

体を動かすだけでなく、ビジネス的センスもあったということですね~。

クワガタだけでなくタケノコでも

クワガタでも大成功を収めた風岡直宏さんですが、次は違う仕事を初めます。

風岡直宏さんの実家は元々タケノコ農家というのもあり、今度はタケノコを仕事にしました。

風岡直宏さんの普通の人とはちょっと違うところは、タケノコを栽培するところです。

普通タケノコって山に生えてるのを採ってくるイメージですが、風岡直宏さんは栽培しているそうです。

一年間の間に330日は山に行ってタケノコの手入れをしているのだとか・・・(;・∀・)

っていうか毎日じゃんソレ(笑)

そのおかげで他のタケノコ業者が不作に苦しんでいる時でも、風岡直宏さんのタケノコは不作にならずかなりの収入を得ているそうです。

タケノコ王と呼ばれて大きな収入を得ているのは、何か裏ワザ的なのがあるのかと思ったら意外と毎日コツコツと仕事をしていたんですね~。

 

白子タケノコってなに?

風岡直宏さんはタケノコの栽培をしていますが、その中でも特別なタケノコがあるみたいです。

それは白子タケノコと呼ばれ、かなりのレア物らしいのです。

そのレア度は数百キロ採取して、その中に一個あるかどうか・・・

それ故に値段も普通のタケノコの倍以上するそうです(;・∀・)

ですが風岡直宏さんはその白子タケノコの栽培に成功し、今では安定した収入元の源になっているようです。

レア物の量産に成功しているのですから、収入がヤバそうですね。

それにしてもどうやってタケノコの栽培に成功しているのでしょうか。

学者さんでもないのにすごいですね、さすがタケノコ王です。

 

スポンサードリンク

 

クワガタでフェラーリ?

風岡直宏さんの伝説といえばフェラーリ購入ですが、そのフェラーリをクワガタで買ったみたいです。

購入したのは24歳の時で、トライアスロンをやめた翌年です。

つまりクワガタで儲けた年に早速、フェラーリを買っちゃったみたいです(笑)

若かったですから、爆発的に得たお金で何か高級なものを買いたくなる気持ち、分かる気がします(*´ェ`*)

フェラーリを手放す

クワガタで大成功しフェラーリを購入した風岡直宏さんでしたが、フェラーリ購入がキッカケで奥様との間に亀裂が入ってしまったようです。

なぜフェラーリの購入で亀裂がはいったのかは分かりませんでしたが、離婚を回避するべくフェラーリを手放して誠意を見せようとしたみたいですね。

排気音とかうるさいし、目立ちすぎるのが嫌だったのかな・・・?

しかもその奥様とはその後離婚・・・

求めて得たはずのフェラーリがキッカケで、最期には奥様まで手放すことになるとは思いもしなかったでしょうね。

ちなみに離婚したときには周囲の人達から「離婚の慰謝料にフェラーリを持っていかれた」と噂されたそうです(笑)

 

2度めのフェラーリ

一度フェラーリを手放した風岡直宏さんでしたが、またフェラーリを購入します(;・∀・)

懲りない人ですねぇ(笑)

まぁ一度目のフェラーリは奥様との離婚回避のために誠意を見せるべく、泣く泣く手放しましたからね。

2度めのフェラーリはタケノコの栽培で成功したときに購入しました。

やはり大金を手に入れるとフェラーリとか欲しくほしくなっちゃうんでしょう(笑)

しかし最終的には2台目のフェラーリも手放してしまいます。

現在では軽トラに

現在では21万キロ以上走った軽トラに乗っているようです。

フェラーリを購入した当時は、かっこつけたり見えを張ったりするのが大事だったみたいで、その次代がもう終わったそうです。

昔、高級車やスポーツカーに乗ってい人が今では、すごく庶民的な小さいクルマに乗っているってよくある話ですからね~。

それにしても24歳でフェラーリオーナーになれた風岡直宏さんが羨ましいですね(*´ェ`*)

 

年収はどれくらい?

風岡直宏さんの年商はタケノコで一億を超えているそうです。

年商で一億ということは、年収にしても数千万はありそうですね。

それに夏になったらクワガタ販売もしていますから、さらに収入は増えそうです。

まさかタケノコとクワガタでそこまで収益があるとは驚きですね~・・・

農業でそれだけの収入が出るなんて想像したこともありませんでした。

ちなみに風岡直宏さんはインターネットとか全然やらないそうですよ。

それでもタケノコのコトを誰よりも勉強して、鮮度と安定供給をウリにしていったら口コミが広まって、今では全国からお問い合わせが来るそうです。

ITの時代なのに、あえて誰よりも体を動かしてタケノコ栽培をつづけるアナログ手法が風岡直宏さんが稼ぐ秘密な気がします。

 

お店はどこにあるの?

お店情報は以下のとおりです。

店名:「風岡たけのこ園」

場所:静岡県富士宮市長貫1120

TEL:0544-65-5005

営業時間:9時~18時

定休日:火曜定休 (タケノコシーズンは無休)

ここまでクワガタとタケノコの話をしましたが、それ以外の果物なども販売されています。

また風岡直宏さん自身が直売しているので、行くと会うことが出来ると思いますよ。

 

タケノコ王(風岡直宏)さんまとめ

・トライアスロンを引退した翌年にクワガタ養殖を始めます。このとき時代はクワガタブームでオオクワガタが高値で取引されていました。

・クワガタ販売で3800万円の収入を得てフェラーリを購入します。

・風岡直宏さんの奥様がフェラーリが嫌いだったようで、離婚回避のためにフェラーリを手放します。しかしその直後離婚することに・・・

・クワガタの次に始めたタケノコ栽培でまた成功を収め、2台目のフェラーリを購入します。しかし現在ではそのフェラーリも手放して軽トラに乗っているそうです。

・年収はおそらく数千万円になります。タケノコの年収が一億をこえているらしいです。

・お店の場所は静岡県富士宮市長貫1120です。風岡直宏さんが直売しています。

スポンサードリンク

  • 2016 07.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

カテゴリー